ご存知ですか?インフルエンザと解熱剤

以前は、インフルエンザにかかった時に、解熱作用がすぐれていることから、アスピリン、ジクロフェニクナトリウム、メフェナム酸なども解熱剤として処方されてきました。しかし最近の研究で、これらの解熱剤を服用すると、インフルエンザ脳症の死亡率が上昇することが明らかになりました。上記の理由から、インフルエンザの時の解熱剤の使用は慎重に行わなくてはいけません。従って、インフルエンザにかかったかなと思われる時に、手元に置き薬として残っていたり、他の人に処方された解熱剤を安易に使うのは避けましょう。また、市販の風邪薬(子ども用のものにも)には上記の成分が含まれているものもあります。医師の診察を受け、処方された薬を使用するようにしましょう。

インフルエンザの時の解熱剤には、アセトアミノフェン(またはイブプロフェン)を使います。解熱作用は弱く、あまり熱は下がりませんが、使用はできるだけ39度以上の熱があり、ぐったりしている時だけに、1日2回くらいまでに限ってください。